「アフィリエイト広告を利用しています」

なぜオクラは2本立ちが有効なの?1本ずつがダメと言われる理由!

なぜオクラは2本立ちが有効なの?1本ずつがダメと言われる理由! オクラ

オクラは刻むと特有の粘りが出ますが、これには豊富な植物繊維が関与しています。

また、オクラは優れた緑黄色野菜であり、ビタミンB1、B2、C、カロテン、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどの栄養素を多く含んでいます。

今回は、オクラは2本立ちが有効とされる理由などご紹介します。

1ポットに2本立ちが有効な理由

  • 果実の過度な成長を防ぐため
    1本立ちで育てると、果実が早く大きくなりすぎ、硬くなってしまうことがあります。
  • 株分けによる根のダメージを防ぐため
    1本ずつ株分けして植えると、根が傷つき、生育が悪くなることがあります。

オクラの作物特性

オクラは高温を好む一方、寒さには弱いため、暖かくなってから種をまくのがベストです。

日当たりの良い場所で、水はけの良い土壌が適しています。

オクラは移植を嫌うため、直接畑に種をまくのが望ましいです。

幼苗期には立ち枯れ病やアブラムシに注意が必要ですが、それ以外は比較的簡単に栽培できます。

畑の準備

オクラは連作するとネコブ線虫の被害を受けやすくなるため、他の野菜との輪作が推奨されます。

植え付けの約2週間前に、1平方メートルあたり堆肥2kgと苦土石灰100gを施し、よく耕します。

植え付け前には化成肥料を1平方メートルあたり80g施し、幅60cmのうねを作ります。

排水が悪い畑では、うねを高くするのが良いでしょう。

種まき方法

畑に直接まく場合

マルチを張ると雑草防除や地温確保、土壌水分保持に有効です。

シルバーライン入りの黒マルチがアブラムシ防止におすすめです。

株間30cmに深さ約2cmの穴を掘り、1か所に3~4粒ずつ種をまきます。

発芽率を高めるために、種を前日に水に浸しておくと良いでしょう。

ポットで育苗する場合


直径9cmのポットに市販の培土を8分目まで詰め、深さ約1cmの穴に3~4粒ずつ種をまきます。

土をかけて軽く押さえ、水をたっぷり与えます。

発芽まで乾燥させないよう注意し、適温は25~30℃です。

アブラムシ対策として虫除けネットを利用すると良いでしょう。

植え付け

本葉が2~3枚になった頃が植え付けの適期です。

株間は30cmが適当です。

ポットごと植え穴に入れ、根を傷つけないように注意します。

植え付け後はしっかりと水を与えましょう。

オクラは樹勢が強く、過度に繁茂すると曲がり果やイボ果が発生することがあるため、1か所に2~3本立ちにする方法が有効です。

また、お互いの葉で果実が日陰になることで、果実が硬くなるのを遅らせる効果も期待できます。

管理作業

幼果の収穫が始まる頃にはわき枝が多く発生します。

これを放置すると主茎の成長が妨げられるため、早めに摘み取ります。

また、収穫が進むと下葉が繁って風通しが悪くなるため、幼果の下の葉4~5枚を残してそれより下の葉は摘み取ります。

追肥

果実が成り始めたら1株あたり50gの化成肥料を追肥します。

マルチを使っていない場合は除草を兼ねて株の周りに土寄せします。

追肥は15~20日おきに2~3回に分けて行うと良いでしょう。

収穫

夏場は開花後4~5日で収穫の適期になりますが、気温が低い場合は多少日数がかかります。

早めの収穫を心掛けましょう。

目安は8~10cm(丸莢オクラは8~16cm)で、果実は硬いのでハサミで収穫します。

病虫害対策

苗立枯病は早まきすると発生しやすいので避けましょう。

ネコブセンチュウが発生すると防除が難しいため、連作を避けます。

アブラムシやハスモンヨトウの被害が重要ですが、植え穴に殺虫剤を施用することで対策できます。

アブラムシの飛来を抑えるために、シルバーストライプ入りマルチが効果的です。

オクラの特性と栄養

オクラは刻むと独特の粘りが出る植物繊維を豊富に含み、ビタミンB1・B2・C、カロテン、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどの栄養素も豊富です。

サヤの形は五角が主流ですが、丸や八角のものもあります。

料理は生食、サラダ、煮物、あえ物、天ぷら、炒め物など多岐にわたります。

オクラは2本立ちが有効な理由についてのまとめ

オクラは高温に強く、日当たりが良く肥沃で水はけの良い畑が適しています。

酸性土壌は避け、適切なpHで栽培しましょう。

適切な管理と対策を行うことで、豊かな収穫が期待できます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました