「アフィリエイト広告を利用しています」

オクラは何分茹でるのが正解?下処理の仕方や時間など解説!

オクラは何分茹でるのが正解?下処理の仕方や時間など解説! オクラ

オクラは、さっくりとした歯ごたえとほどよい粘り、種のプチプチと弾ける食感が魅力の野菜です。

しかし、普段あまり使わない方には茹で加減が難しいかもしれません。

実は、オクラを美味しく食べるためには茹でる前のちょっとした下ごしらえが大切です。

茹でる時間の目安は何分?

沸騰した湯に下ごしらえしたオクラを入れて、1分ほどサッと茹でます。

タイミングは「オクラを入れた後、湯が再沸騰してから一度だけ向きを返して、ひと呼吸おいてから」と覚えておくと良いでしょう。

茹で具合の確認方法

茹で具合を確かめるには、ガクの下あたりに竹串を刺して、すっと通るくらいになればOKです。

冷まし方で食感が変わるので、好みに合わせて調整しましょう。

粘りを保ち、歯切れの良さを出したいなら、茹でたオクラを氷水にサッとつけてすぐにザルに上げて冷まします。

これで色が鮮やかになります。

余熱を計算する方法

氷がない場合や、急速に冷やせないときは、余熱でやわらかくなるのを計算に入れて少し早めに湯から上げましょう。

ほどよい歯ごたえに仕上げたい場合は、茹で時間を少し短くし、少し硬いと感じる程度でザルに上げて余熱で中まで熱を通します。

オクラの茹で方で異なる食感を楽しむ

  • 歯ごたえを活かす
    かために茹でれば、粘りが控えめでシャキシャキとした食感が楽しめます。サラダや和え物にぴったりです。
  • とろとろ食感を楽しむ
    長めに茹でてやわらかくしてから刻むと、皮の食感が気にならず、中身のネバネバとしたとろとろの食感が楽しめます。

下ごしらえのポイント

オクラを美味しく食べるためには「ヘタの下処理」と「うぶ毛を取る」ことが大切です。

ヘタの下処理

ヘタの周りの硬い部分を包丁で削り取り、軸の硬い部分も切り落とします。

これでヘタの部分まで食べられ、余すことなく使えます。

うぶ毛の処理

オクラを水洗いし、塩をまぶして指でやさしくこすります。

一度に多く処理する場合は「板ずり」が便利です。

塩を使うことでオクラに下味をつけることもできます。

しっかり茹でる場合

やわらかい食感に茹でる場合は、楊枝などで表面に穴をあけておくと良いでしょう。

これで茹でている間に膨らみすぎたり、茹でた後にしぼんだりするのを防げます。

フライパンや電子レンジで簡単にオクラを茹でる方法

オクラを大量のお湯で茹でるのは面倒ですが、フライパンや電子レンジを使えば手軽に調理できます。

これにより、栄養を逃さずに摂取できるのも魅力です。

ここでは、オクラ1袋(100~150g、10本程度)を茹でる方法を紹介します。

フライパンで蒸し茹で

  1. 板ずりの塩をつけたままオクラをフライパンに並べます。
  2. 50ml(大さじ3~4杯)の水を入れ、中火で1分ほど蓋をして加熱します。
  3. 蓋を外し、フライパンの水分を飛ばします。
  4. ザルに広げて冷まします。

この方法だと、オクラの水分が活かされて旨味が凝縮され、甘みも引き立ちます。

また、茹でる手間や時間が省けて節約にもなります。

電子レンジで加熱

  1. 板ずりの塩を軽く洗い流したオクラを耐熱皿に並べます。
  2. ラップをふんわりかけ、500~600Wで40秒加熱します。
  3. ザルに広げて冷まします。

電子レンジを使うと、オクラはややかための食感に仕上がり、そのまま食べるのはもちろん、炒め物や焼き物の前の下茹でにも便利です。

オクラを茹でるときの裏ワザ3選

①ネットを使った板ずりいらずの方法

市販のオクラが入っているネットを使えば、簡単にうぶ毛を処理できます。

オクラをネットの外側から両手でこするだけで、細かい編み目がうぶ毛を取り除いてくれます。

ネットのラベル部分を外し、流水を当てながら行うと効果的です。

この方法でうぶ毛を処理した場合は、茹でるときに小さじ1杯の塩を加えましょう。

②切ってから茹でるとネバネバが増加

通常は「茹でてから切る」オクラですが、「切ってから茹でる」方法もおすすめです。

オクラを輪切りにしてから30秒ほど茹で、ザルに上げて水気を切ると、ネバネバ成分が増してとろとろの食感が楽しめます。

ただし、栄養成分は流出しやすくなるため、この点は留意してください。

③大きいオクラ・かたいオクラの調理法

成長しすぎた大きなオクラは筋張って食べにくいですが、しっかり茹でてからみじん切りにして和え物にするか、細かい輪切りにして天ぷらやかき揚げにすると美味しく食べられます。

また、茹でた後にミキサーにかけてすり流しやポタージュにするのもおすすめです。

オクラを茹でる時間は1分が正解 まとめ

オクラは出始めの時期(6~7月)のやわらかいものや採れたてのものなら、生でも食べられます。

水洗いして水気を拭き取り、塩もみしてうぶ毛を取ったら薄切りにしておひたしや味噌汁に加えると、茹でたときとはまた違った食感を楽しめます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました