「アフィリエイト広告を利用しています」

ゴーヤの摘心の方法!どこを何回切る?失敗しないコツも解説!

ゴーヤの摘心の方法!どこを何回切る?失敗しないコツも解説! ゴーヤ

独特の苦味が特徴の夏野菜、ゴーヤ。緑のカーテンとしても育てることができるので、すでに育てている方や、これから挑戦したい方も多いのではないでしょうか。

「摘心って何をするの?」「どこを切ればいいの?」など、疑問も多いことでしょう。

おいしいゴーヤをたくさん収穫するためにも、緑のカーテンとして葉を茂らせるためにも、摘心は欠かせません。

この記事では、ゴーヤの摘心方法や、摘心をしない場合の影響など、初心者でもわかりやすく説明していきます。

ゴーヤを摘心する目的

ゴーヤの摘心は、つるを枝分かれさせて収穫量を増やすために行います。

ゴーヤはつる植物で、種から出た最初のつるを「親づる」、親づるから分かれたつるを「子づる」、さらに子づるから分かれたつるを「孫づる」と呼びます。

摘心することで子づると孫づるが増え、収穫量が多くなります。

ゴーヤの摘心時期と回数

ゴーヤの摘心は2回行います。

苗を植えて1週間後、新しい葉が出てから行いましょう。

早すぎる摘心は苗を弱らせる原因になります。

ゴーヤの育成目的により、摘心の時期や回数が異なります。

収穫を重視する場合、本葉が5枚ほどになったときに摘心を行います。

グリーンカーテンを早く完成させたい場合は、本葉が7枚以上になってから行います。

摘心方法

摘心は、親づるの先端をハサミで切るだけです。

1回目の摘心後、子づるが増えます。

2回目は、子づるの本葉が6〜7枚になったときに行い、元気な子づる3本を残し、他の子づるは切り取ります。

グリーンカーテンが目的の場合、2回目の摘心は省略しても構いません。

ゴーヤの摘心方法

摘心はつるの上から2番目の葉の少し上で行います。

時期が遅れてつるが伸びすぎた場合、下の方で切っても大丈夫です。

例えば、本葉が10枚になってしまった場合、下から5枚目の葉の少し上を切ります。

細いつるを切り取る場合、そのつるが出ている枝分かれ部分で切ります。

摘心を忘れた場合

摘心をしないと、ゴーヤはあまり枝分かれせず、上にばかり伸びます。

子づるや孫づるが出ないと実がならず、グリーンカーテンにもなりません。

2回目の摘心は必須ではありませんが、1回目の摘心は忘れずに行いましょう。

摘心をしても実がならない場合、人工授粉や肥料、日当たり、水、温度などを見直してみてください。

ゴーヤの摘心のタイミング

ゴーヤの摘心は、一般的に葉が5枚ほど出たときに行います。

これが1回目の摘心です。1回目の摘心をした後、さらに1週間後にもう一度摘心をして横からつるを出すようにしましょう。

通常、ゴーヤの摘心は2回行うとされていますが、育てるネットの大きさによっては、さらに横に伸ばしたい場合もあるでしょう。

その場合は3回目の摘心を行ってください。

ゴーヤの摘心の注意点

摘心をすると横から生えるつるが増えます。

その分、栄養が必要となるので、摘心後は肥料を与えることを忘れないようにしましょう。

摘心にはハサミを使用しますが、必ず清潔なハサミを使ってください。

不衛生なハサミや病気の植物を剪定したハサミを使うとゴーヤが病気になる可能性があるので注意しましょう。

新品のハサミを用意する必要はありませんが、以前別の植物を剪定したハサミを使用する場合は、熱湯消毒をしてから作業を行ってください。

また、摘心の際には不要なつるや傷んだつるも見つけやすいので、これらも根元からカットしてしまいましょう。

摘心を忘れた場合

ゴーヤは摘心をしないと、上にばかり伸びてしまい、横からつるが出にくくなります。

これにより、収穫量が減るだけでなく、グリーンカーテンにもなりにくくなります。

摘心が遅れてしまった場合でも、メインの茎をカットすることで横から細いつるが出てくるので、遅れたとしても摘心を行ってください。

ゴーヤの摘心でグリーンカーテンを作る

ゴーヤはつる性植物なので、ネットを使えばグリーンカーテンとして楽しむことができます。

夏の日差しをやわらかく遮ってくれるので、ぜひ試してみてください。

ネット、支柱、ワイヤーがあれば、ゴーヤをグリーンカーテンにすることが可能です。

摘心をすることでつるが横から生えてきて、カットすることでさらに横へ広がります。

ネットに絡ませながら上手に誘引して、立派なグリーンカーテンを作りましょう。

ゴーヤは摘芯が大切! まとめ

ゴーヤは摘心をすることでつるや葉が増え、収穫量も上がります。

つるが増えると葉の量も増えるため、収穫を楽しむ人もグリーンカーテンを楽しむ人も満足できるでしょう。

摘心は難しくありません。

切る場所を間違えてもゴーヤが枯れることはないので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました