「アフィリエイト広告を利用しています」

大豆って野菜なの?枝豆は野菜で大豆は穀物に分類される理由!

大豆って野菜なの?枝豆は野菜で大豆は穀物に分類される理由! その他野菜

私たちが日常的に食べる豆には、生物学的な分類であるダイズ属やソラマメ属がありますが、食品としても野菜や穀物として分類されます。

たとえば、サヤエンドウやサヤインゲンは通常野菜として扱われ、八百屋で見かけることが多いですが、小豆や黒大豆は乾物屋で販売されていることが一般的です。

大豆って野菜なの?

しかし、豆が野菜に分類されるか、穀物に分類されるかは、その収穫時期によって異なります。

若い状態で収穫される未成熟な豆は「野菜」とされ、成熟して乾燥させた豆は「穀物」とされます。

例えば、サラダに入るサヤエンドウやグリーンピースは野菜、あんみつに使われるエンドウ豆は穀物として扱われます。

大豆に関して言えば、乾燥させたものは穀物、若い段階で収穫される枝豆は野菜とされます。

枝豆と大豆は同じもの?

枝豆と大豆は同一種で、見た目は異なりますが、本質的には同じ植物です。

元々は大豆として栽培され、若い段階で収穫されるものが枝豆です。

枝豆は主に夏に収穫されるのに対し、大豆は10月ごろに収穫されます。

近年では枝豆専用の品種も開発され、その種類は400以上に及びます。

枝豆は茹でて食べるのが一般的であり、成熟した大豆は乾燥させたり、煮豆やお菓子の材料として利用されたりします。

枝豆と大豆の種類

枝豆はその鮮度が速やかに落ちるため、主に産地近くで消費されますが、様々な地域特有の品種が存在します。

例えば、湯上り娘や茶豆などがあります。

大豆にも黄大豆や黒大豆などの品種があり、それぞれ味噌や納豆の原料として、またはおせち料理などに使用されます。

これらの分類や品種についての理解は、豆を使った料理を楽しむ上で役立ちますし、食材を新たな視点から見る楽しさを提供します。

大豆と枝豆の栄養価の違い

大豆は「畑の肉」とも称され、その高いたんぱく質と脂質含有量から栄養価が高いことで知られています。

栄養学的には、枝豆は野菜に、大豆は豆類に分類されます。

たんぱく質と食物繊維の含有量を見ると、茹でた大豆が枝豆よりも多く含まれています。

一方で、鉄分や葉酸は枝豆により豊富に含まれており、カリウムと葉酸は水溶性であるため茹でると減少しますが、枝豆はさやが保護しているため、栄養損失が少ないとされています。

栄養の減少をさらに抑えたい場合は、蒸し焼きが推奨されます。

枝豆と大豆の食品利用

枝豆や大豆から作られる食品は多岐にわたります。

その中には日常的に口にするものから、意外なものまで様々です。

もやし

実は、もやしも大豆から作られることがあります。

もやしは一般に、豆類や穀類の種子を発芽させたものを指し、その中でも緑豆から作られる「緑豆もやし」が最も一般的です。

また、「黒豆もやし」はその甘みとシャキシャキした食感で人気があります。

黒豆

おせち料理でおなじみの黒豆も大豆の一種です。

黒豆はその種皮にアントシアニンを含んでおり、この色素が豆の黒い外観を与えています。

栄養的には、大豆と同様にタンパク質が豊富で、アントシアニンは動脈硬化やがん予防に役立つとされています。

納豆

納豆は、蒸した大豆に納豆菌を加えて発酵させた日本の伝統食品です。

発酵することで、大豆の栄養価がさらに高まります。

例えば、ビタミンB2の含有量は、納豆化により約20倍に増加します。

調味料

日本食には欠かせない「みそ」や「醤油」も大豆を原料とした調味料です。

みそは大豆を主原料にして発酵させたもので、醤油は大豆と小麦を基に作られます。

これらは、和食の味わいを深める基本的な調味料として広く使用されています。

大豆は穀物で枝豆は野菜! まとめ

豆類は、それが収穫される成熟度によって、食品としてのカテゴリーが異なります。

豆がまだ緑色で未成熟な状態のときに収穫される場合、それは「野菜」として分類されます。

一方で、豆が完全に成熟し乾燥された後に収穫される場合は「穀物」として扱われます。

ぜひ違いを覚えておいてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました